治療メニュー


歯周病治療

perio02.jpg
歯周病は歯の表面につく汚れ(歯垢や歯石)が原因で起こる「歯の周りの病気」です。汚れが付くとその中にいる細菌の出す毒素で歯ぐきの炎症や出血、腫れが起こり歯肉炎となります。それがさらに進むと歯を支えている歯槽骨が破壊される歯周炎(いわゆる歯槽膿漏)になっていきます。歯がグラグラしてきたらそれは歯周病かもしれません。


perio01.jpg歯周病はあまり自覚症状がないこともあり、ご自分では気づきにくいので歯周病と分かった時には病状がかなり進んでしまっていることも少なくありません。歯周病の早期発見には歯科医院での定期的なお口のチェックをすることが大切です。

<歯周病治療の流れ>
歯周病といっても若い人に起こりやすい歯周病や年配の方に発症しやすいものなど様々なタイプの歯周病があります。まずその歯周病の病態や部位を明確にするために検査を行います。
初診時には、歯周ポケットの深さ、歯槽骨の吸収程度、プラークの付着状態、歯の揺れ具合、歯肉の炎症の程度,咬合状態などを検査してから処置に入っていきます。


1:前処置

炎症が強い場合など、必要な場合に行います。

2:プラークコントロール

患者さんご自身がブラッシングである程度歯の汚れが除去できないとまた再発してしまうので、正しいブラッシングの仕方をご指導させていただきます。

3:スケーリング

歯に付いた歯石(主に見えているところ)を除去します。

4:再検査

ここまでで歯肉がどの程度まで回復しているか、もう一度検査します。その結果が良好であれば、歯周治療はメインテナンスに移行しますが、もう一度プラークコントロールを行う必要があれば行います。歯周ポケットの深いところに歯石が残っている場合はスケーリング、ルートプレーニングを行います。

5:スケーリング、ルートプレーニング

専用の器具を使い、奥深い所の歯石を除去します。また細菌によって汚染された歯の表面を取り除き、滑沢に仕上げ再び汚れがつきにくくします。

6:再検査

スケーリング、ルートプレーニング後にもう一度回復状態を検査します。これでも良い結果が得られない場合には歯周外科処置に写ります一回目の再評価検査時に良好な結果が得られなかった部位の改善状況を確認します。予測した結果が得られないときは、歯周外科手術を行います。

7:歯周外科処置

これまでの治療で治りきらなかった部位に対して歯周外科処置を行います。症状に応じて必要な処置を行います。

8:メインテナンス

すべての処置が終わってもまたお口の中の状態がもとに戻ってしまうとまた再発してしまいます。毎日の正しいブラッシングができることも大切ですが、歯科医院による定期検診も必要です。定期的な歯科検診でお口の健康をいつまでも保ちましょう。

《歯周ポケット除菌クリーニング》のご案内
最新の超音波機器を使用し、薬液にて歯周ポケット内の歯周病菌を除菌し、〝歯肉や歯周ポケットの改善〟および〝口臭予防〟を目的としたクリーニングです。


perio04.jpg

perio05.jpgperio06.jpg


CLINIC INFORMATION
医院名称: 清水歯科クリニック 曙橋 Shimizu Dental Clinic
所在地: 〒162-0065 東京都新宿区住吉町6-6 日本メータービル2F
電話番号: 03-3355-0693
診療科目: 一般歯科・インプラント治療・審美歯科・ホワイトニング
診療科目: 矯正歯科・小児歯科
診療時間: 月~金曜 AM9:30~12:30,PM14:00~19:00
診療時間: 土曜日 AM10:00~12:30,PM14:00~17:00
休診日: 日曜・祝祭日    *最終受付は各30分前です
アクセス: 都営新宿線 曙橋駅すぐ 徒歩0分
アクセス: ビル左側より2階へお上がりください → 詳しく見る
各種健康保険取扱・急患随時受付

インターネット予約インターネット予約

sidemenu_03.png
TOPTOP
院内ツアー院内ツアー

スタッフ紹介スタッフ紹介
アクセス・地図アクセス・地図

衛生面について衛生面について

電話03-3355-0693

[歯科衛生士さん募集]
現在当院では、衛生士さん(常勤・非常勤)を募集しています。詳細についてはお電話でご連絡ください。